<< <衣替え>「まだ少し寒い」…装いはもう夏 名古屋(毎日新聞) | main | 北教組幹部に有罪判決、小林議員は辞職表明へ(読売新聞) >>

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


介護給付等費用適正化事業、「内容を厳密に見直すべき」(医療介護CBニュース)

 厚生労働省は6月10日、「介護給付等費用適正化事業」を対象に行政事業レビューの「公開プロセス」を行った。同省老健局介護保険計画課は、縦覧点検の徹底などを盛り込んだ改革案を提示したが、外部有識者からは「事業内容を厳密に見る必要がある」などの声が上がり、8人全員が改革案では「不十分」と判断。今後の事業の継続については、このうち5人が「継続するが、さらなる見直しが必要」とした。事業の実施状況の把握については、7人が「不十分」と判断した。

 厚労省は、介護給付費や介護保険料の増大を抑制するため、2008年度以降、都道府県や保険者と連携し、▽認定調査状況のチェック▽ケアプランの点検▽住宅改修等の点検▽医療情報との突き合わせ・縦覧点検▽介護給付費通知-などから成る「介護給付等費用適正化事業」を推進している。同省によれば、適正化事業を積極的に実施している保険者ほど、給付費の伸びを抑制できているという。その一方で、取り組み状況に地域差が見られるなどの問題点も指摘されていた。

 席上、介護保険計画課の担当者は、これまでの事業を継承すると同時に、特に介護給付費通知と、医療情報との突き合わせ・縦覧点検の実施を徹底するなどの内容を盛り込んだ改革案を提示。事業の妥当性を訴えた。

 これに対し、筑波大大学院の吉田あつし教授は、「縦覧点検の推進で大きな成果が上がったとしているが、(縦覧点検は保険者が)当然、行うべきこと」とした上で、予算を組んで実施を後押しするのではなく、「(縦覧点検をしていない保険者を)指導すべきではないか」と提言した。

 また、中央学院大社会システム研究所の福嶋浩彦教授は、適正化事業の一環として広報用のパンフレット作成費用を計上している自治体があることを問題視し、「この枠組みでやるのはおかしい。事業の意味が薄れてしまう」と批判。ジャーナリストの岩瀬達哉氏は、自治体の適正化事業の内訳を厚労省が把握し切れていないとして、「(適正化事業の予算として)国から公金が出ている以上、その内訳は当然、把握しておくべき」と述べた。


【関連記事】
救急相談、モデル事業継続に疑問の声
未収金対策事業「そもそも論から考える」―長浜厚労副大臣
国保組合への補助、有識者から「削減・圧縮に向けた努力を」
行政事業レビューの「公開プロセス」がスタート―厚労省
規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相

大阪で鉄道乱れ影響13万人超 信号不具合や人身事故連続(産経新聞)
4歳長女を殴るける、やけどの跡も…父ら逮捕(読売新聞)
両陛下、葉山でご静養入り(産経新聞)
裁判員裁判 自称「ラインハルト」に実刑(産経新聞)
元教官、2審も実刑=少年院の収容者暴行―広島高裁(時事通信)

スポンサーサイト

  • 2010.06.18 Friday
  • -
  • 14:04
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
リンク
現金化
クレジットカード現金化 還元率
債務整理無料相談
債務整理
ネイルサロン
ショッピング枠現金化
探偵
無料ホームページ
競馬情報
selected entries
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM